一般的に潮を吹く女性は少ないです。

女性に潮吹きの質問をした雑誌、サイトなどの
アンケート結果を調べてまとめてみたのですが、

“潮吹きを体験したことのある女性”

は実に4割以下でした。

ですが…
この数字は意外と多く感じませんか?

アダルト総合研究所的には多くの男性談、女性談の
セックス体験禄を聞いた上での判断でもありますが
この4割という結果よりも、
実際の潮吹き体験の割合は低いと考えています。

このようなアンケートは、恋愛やセックスの女性向け
サイトを普段から見ているエロくてエッチに好奇心の
ある女性がアンケートの分母集団ですので、
実際には潮吹きを体験したことがある女性はもっと少ないはずです。

「手マンされたら潮をブシューって吹いてしまう…」

確かにこんな潮吹き体質の女性もいますが
そんな潮吹きの才女はかなりの少数であることは確かです。

※潮吹き女性が少ない理由

では、なぜ潮吹き女性が少ないのでしょうか?

一般的に潮吹く女性が少ないのは、
前立腺周辺のGスポットに触れられると
「おしっこがしたい」と感じるからです。

潮吹きをオシッコと勘違いしてしまい

「オシッコがしたい⇒漏らしそう⇒失禁」

このような勘違いをしてしまったり、
錯覚を感じてしまうことで
刺激されるのを嫌がり、
結果として潮吹きまで至らないのが現状です。

「失禁しそう」

「布団が汚れるから」

「オシッコをもらしたようで恥ずかしい」

そんな気持ちが歯止めをかけているんですね。

しかし、このおしっこがしたい感覚の先には、
クリイキや中イキでは味わえない快感
が待ち受けているのです。

実際潮吹きを経験した女性は

「これまでとは違うオーガズムのような快感」

と話します。

それは通常のオーガズムとは全く別種の快感であるとも言います。

これを味わないのは、セックスの快楽を半減
させるようなもので勿体ないです。

「おしっこがしたい」
という感覚を我慢させながらGスポットの刺激を続け、

「お漏らししそう…」
という感覚からさらに促せば、

AVで何度も見た「ダメっ~!出ちゃうぅっ~」
て喘ぎながらブシュー!っと大量噴射する
「初めての潮吹き」を女性に経験させてあげる事が出来るはずです。

ちなみに潮吹きは、男性だけのフィンガーテクニック
と手マンの刺激だけで潮を吹かせることはほぼ難しいです。

女性の体調面と心理面を
潮吹きにフォーカスさせる必要があります。

もちろん女性が潮を吹きたいという気持ちがあっても
単純に男性が下手というケースも多々あります。

“手マンが激しくて雑”

“Gスポットへの刺激の仕方が下手”

“潮吹きに対する知識が不足”

これでは女性は潮を吹けません。

なので、アダルト総合研究所の
潮吹きセックスのやり方を学んで実践して頂いて
役に立てて欲しいと思います。

※女性は潮を吹きたい…?!

“潮吹きを体験したことのある女性”
は4割以下でしたが、

残り6~7割の女性に
「潮吹きを体験してみたいですか?」
という質問の結果を観たところ、
とても興味深い調査結果が出ています。

実に約8割の女性が潮吹きをしてみたい
と実際に想っているのです。

要するにもっともっと快楽を味わってみたいという
女性の本音が隠れていると思いませんか?

なんだかんだ言って女性は
心の奥底ではそのエロさを隠しきれません。

ガードが固くて真面目そうな一面を持っていても
「清楚という仮面を捨て快楽を貪り味わいたい」
それを本能的に求めているからです。

姦されたい、乱れたい、淫乱になりたい
卑猥にさせてほしい、ドMになりたい
凌辱されたい、粘液を混じり合いたい
お互いの性器を貪りたい
私だけのセックスにハマってほしい

どんな女性でも女性は深層心理レベルで
こんな願望を持ち合わせていますので、
女性はセックス時に脳内で官能的なスイッチ
が入れば男性以上にエロくなります。

良い意味で「エロで下品な女」
に突然変異してしまうのです。

「エロで下品で卑猥な女に調教する」

そのためには女性を官能モードに導いてあげる
必要がありますがそんなに難しいことではありません。

例えば…
女は「聴覚」を責めることで発情します!

詳細は別の後述の記事でお話しますが

結局は、、、

「潮吹きってどれだけ気持ちいいの?」

女性が8割も潮吹きを経験してみたい理由が
これに尽きるのではないでしょうか?

いかがですか?

女性はなんだかんだ言って潮吹きに興味があるし
恥辱の先にある快感…潮吹き快感を
あなたに味わわせてもらいたいと
秘かに期待しているのです。

これはもう潮吹きテクニックを
身に着ける以外ないのではないでしょうか?!

誰でも出来る!濡らした女は必ず潮吹かす
”アダルト総合研究所”潮吹きステップ