ステージ1:濃密キスで性感スイッチをオンにする

まずは⼥性をリラックスさせてあげなければなりません。

その後、エッチモードにしてあげることも必要です。

そのためにはキスは避けて通れません。

クンニでイカせられるかどうかの分かれ道となる
のが事前に濃密なキスができているかどうかだからです。

下の⼥性器の前に、まずは上の口にキスしたり、
⾆と⾆を絡ませて⼥性をトロンとしてあげることが⼤事です。

その後、全身を舐めてあげて全身性感帯にしてあげます。

これをきちんとやる男性が⼥性を虜にできます。

ステージ2:お尻や太ももを舐める

⼥性の⼝にたくさんキスをしても、
すぐにクンニにうつってはいけません。

お尻や太ももを舐めることで、
焦らしながらクンニへの期待を煽っていきます。

まずお尻の盛り上がった部分の中央からスタート
させ、足の付け根、太ももへと舌をはわせていきます。

アソコほど敏感ではないのでときどき、
⽢噛みをして強い刺激を与えても良いでしょう。

太ももの内側に到達したら、パンツの際のVラインを
ゆっくり舐めるなどして、焦らしていきます。

ステージ3:下着の上から舐める

下着を濡らすことに抵抗がない⼥性であれば、
下着のうえから舐めあげましょう。

下着一枚分へだてた攻めは、クンニへの期待を
よりいっそう高めるものになります。

マン筋や大陰唇を舌で上下になぞるようにして舐めていきます。

それが十分にできたら、下着と肌の間から舌を
差し入れるような感じで彼⼥の反応を⾒てみます。

悦んでいる様⼦をみせたら準備完了です。

下着を脱がせてクンニを開始します。

ステージ4:大陰唇と小陰唇を責める

クンニの基本は、外側からジワジワ内側へ。
そして焦らしながらクリトリスへ。

まずは、大陰唇から攻めていきます。

意外かもしれませんが⼤陰唇も⼥性が感じる部位のひとつです。

⼥性の反応を楽しみながら、⼥性の愛液をじっくりと
味わうようなつもりで舐めあげましょう。

同じように小陰唇を舌でなぞって舐めてあげる
とともに、大陰唇との間の溝に舌をはわせるのも効果的です。

そして、小陰唇を舐めたあとは、
膣の入り口を円をかくように舐めます。

しばらく続けた後、膣に向かって舌を突き入れます。

深くまで舌が入らなくても大丈夫。

これにより、クリトリスへの攻めを期待させます。

ステージ5:クリトリスを舐める

ここまでしっかりできていれば、
⼥性はクンニリングスでイカせてほしい状態になっています。

ですので、クンニのメインターゲットである
クリトリスを攻めていきます。

しかし、まだクリトリスそのものを刺激してはいけません。

クリトリスの周りを円を描くように舐めていきます。

クリトリスに触れるか触れないかという部分を
舐めていくと、焦らし効果はさらに倍増します。

彼⼥が欲求不満のあえぎ声をあげだしてきたら、
いよいよ、クリトリスを舐めていきます。

⼥性をイカせるクリトリス責めの⾆使いは1種類だけ
で大丈夫です。

男性のオナニーと同じように一定のリズムと動きで、
ただひたすら
クリトリスを舐め続けるだけ。

イメージとしてはただひたすら同じ動きをする
クンニリングスマシーンと化すことです。

ステージ6:⼥性が一番感じる方法で舐め続ける

いちばん感じる舐め⽅が⾒つかったら、
彼⼥がイクまでずっと続けます。

このとき、刺激の仕⽅を変えてはいけません。

単調な刺激を与え続けることにより、
安⼼して彼⼥はイクことに集中できるのです。

舐め続けることができるように、
舐めるスピードは最高速ではなく、
余裕があるくらいのスピードにすると良いでしょう。

最低でも⼗数分は続けないと、⼥性をイカせることはできません。

逆に舐め始めて数分でイクような場合は、演技の可能性があります。

ステージ7:クリトリスの皮をむいて舐める

もし、クリトリスを舐め続けても彼⼥の反応が
薄いままであれば、より強い刺激を欲しているのかもしれません。

その場合は、高速で舐めてあげる、
クリトリスの⽪をむいて舐めてあげる、
などして刺激を強めます。

クリトリスの皮のむき方は、二本の指でクリトリスを
挟むように手を添えて上に引き上げるか、
クリトリスのお腹側にある皮を上に引き上げるかします。

そのようにして露出したクリトリスは敏感なので、
やさしく舐めるところからはじめます。

強さを調整しながら、彼⼥が痛がらない強さで
舐めあげると良いでしょう。


「この⼈、セックス上⼿い」と⼥性が感じるクンニリングス講座